『痙攣 【狂い腰】』
  野村理沙
  KUKI '91作品
 
 

 この作品ももアマポーラシリーズです。が、前作では衣さよ子に責められていた田中美保嬢がアマポーラ役に扮しています。とんがり頭の髪型がどう見ても変です。さて、お相手はキュートな野村理沙嬢。物語前半は、男優とのカラミが続きますが、後半にはアマポーラが登場して、2人のレズシーンが始まります。ノーマルなレズシーンですが、アマポーラの股間にはすでに電動下半身が装着されていて唸りをあげています。一通りの行為のあと、「私、童貞なの」と理沙嬢へ挿入しようとするアマポーラ。そこへ男優2人も登場して、4Pプレイとなります。正常位やバックで責めるアマポーラ。理沙嬢のあえぎが凄まじいです。最後は大量中出し。男優に抱えられると、股間からザーメンが糸を引いて滴り落ちます。その後も4Pプレイは続き、まず男優2人がそれぞれ顔に発射します。口を開けて受け止める理沙嬢。特に最初の男優の発射量は見事です。しかし、アマポーラの電動下半身にはかないません。最後には理沙嬢の顔や口の中へ、欲望の限りを放出し続けます。
 キュートなルックスとはうらはらに、理沙嬢のあえぎ声や反応が凄まじく、高い本気度がうかがえます。彼女のザーメンを進んで受ける積極性が、疑似射精作品によくマッチしています。(★★★★★)。

 レズプレイ
 
 4Pに突入
 
 
 
 アマポーラの大量中出し
 
 股間から滴り落ちる精液
 
 さらにFuckは続き・・
 
 男優の顔射(これも量が多い!)
 
 最後はアマポーラが挿入して
 
 大きく開けた口に発射!
 
 理沙ちゃんのお顔はベトベトに
 
 ラストのスペレズ行為(?)
 
 アマポーラに奉仕するイメージ
 


-MENU-

inserted by FC2 system